女性の脳の特徴

男女で脳は違っています。女性にはどのような特徴があるのか具体的に考えていきたいと思います。

女性が男性を選ぶ場合にはどういった脳の働きがあるのでしょう。女性は匂いで男性を選ぶと言われています。生理的に無理という言葉をよく聞きますが、匂いによって無理なのかもしれません。女性は無意識的に男性の匂いを嗅ぎ、自分にとって不快かどうかを確認しているのです。その結果、どうしても受け入れられない男性が出てきてしまうのです。また、お父さんの匂いを思春期の少女はとても嫌がります。これは遺伝子的に親子での過ちが起きないよう操作されているのです。

女性は自分と少しだけ違う男性に惹かれるようです。全く同じではなく自分とちょっと違う匂いが一番心地よいと感じることがわかっています。全てがわかってしまう男性よりも少しミステリアスな部分があって自分に足りない何かをもっている男性に惹かれるのはわかるような気がします。また自分と全く違う男性は気が合わないでしょう。

遠すぎず、近すぎない、その微妙な距離を女性は匂いで判別し、恋に落ちているのです。

子孫を残すために女性は脳の記憶の部分を働かせます。相手がいい夫になってくれるか判断するため、見た目だけではわからないことを判断しようというのが女性の特徴です。ここで必要となってくるのが記憶です。

男性の一挙手一投足を女性はくまなく観察しています。この人が本当にいい人なのか四六時中監視しているといってもいいでしょう。女性は合コンや出会いの場で、初対面の人と会っても見た目だけでは恋に落ちません。しっかり中身を判断しようとするのです。希に若い人の場合この判断が失敗に終わることもありますが、女性は美人であっても性格のいいカッコよくない男性と結婚にいたることがあるのはこのためでしょう。

男性の中身を見分けようとする女性の脳はとても優秀です。男性は見られていることを意識して女性と接することが大切です。