男女の違い

男性と女性の脳は違うということがよく知られています。例えば男性は理性的で地図を読むなど空間を捉えることが上手です。だから運転がうまい人も多いといわれています。

反対に女性は感情を優先します。物事を直感で決めますので男性には理由を説明したくてもできません。また女性には一斉にいろいろな情報を解析する能力があるようです。女性の話は主語がなく話題がころころ変わるのが特徴です。女性同士で話す場合、この不都合は全く感じませんが、男性には通じないようです。結論がなかなか出ない話に対して、なんでも理屈で考えようとする男性はいらいらしてしまうかもしれません。

こうした男女の違いが原因離婚する可能性が一番高い時期は結婚4年目だと言われています。理性と感情この二つのどちらに重きをおくかでモノの考え方は全く違ってくるものです。これが男女の差なのだと認識することがうまくいく秘訣かもしれません。

女性は真似する能力にも長けています。有名人のファッションやメイクを真似するのは女性特有の現象ではないでしょうか?美を感じる脳にも男女差があるようです。男性は化粧をしているかすっぴんか判別がつかなかったり、すっぴんの女性を好んだりするのもこのせいかもしれません。

薬の効き目にも男女差があるようです。というのはホルモンの影響で脈と脈の間隔は一般的に女性の方が長いと言われています。よって女性が男性と同じ薬を服用した場合でもその効果は大きいことが知られています。よって男性には普通の薬でも女性にとっては聞きすぎてしまうかもしれないので注意しましょう。

男女の違いは環境がつくったのでしょうか?女の子は女の子らしく、男の子は男の子らしくというのが日本人の子育てのセオリーです。しかし、心地よいと感じる行動は男女でそもそも違っているようです。この結果から持って生まれた要因にも違いがあるということがわかります。

生理学と環境この2つの要因が合わさって男女の差というものが形成されているのでしょう。