男女は永遠に分かり合えないの?男女の脳の作りを考える なぜ男女はお互いを分かり合えないのでしょうか。男女の違いを脳の特徴から考えているサイトです。

男女の脳はこう違う

男女の違いは身体的特徴だけではなく、脳の面でも大きく異なってきます。ではどのように違っているのでしょうか?細かく検討したいと思います。

女性は感情移入が得意です。女性はおしゃべりだという認識を持っている人は多いのではないでしょうか?女性同士は何時間でも喋っていられます。また電話も長いことがおおいようです。これは感情移入が上手に出来ている証拠ではないでしょうか。共感能力に長けているので、話がどんどん膨らみます。その結果長々と話していられるのです。

反対に男性は仕組みの理解が上手です。機械的なシステムや数字に強い男性は多いのではないでしょうか?学生時代に数学や物理は男子の得点が女子を上回ることが多かったのはこのためです。またテレビの配線やちょっとした機械の故障も男性なら直せると思われがちです。

多くの部分で男女の脳の大きさは違っていることがわかっています。この結果得意分野が違ってくるのです。アルツハイマー型の認知症は女性の方がなりやすいことがわかっています。しかし女性の方が言語能力では男性より優れているという結果が出ています。

例えば成績が同じであっても男女で解き方が全く異なる場合があります。同じ課題を解く場合でも男性は空間を把握する能力によって解いていて、女性はその能力は一切使っていない場合があります。脳が情報処理するプロセスも男女では大きく異なっているのです。

ここで女性は地図が読めないとよく言われることについて検証してみましょう。これもこの脳の情報処理に関わってきます。女性にとって地図は記号や数字が羅列された資料なので読み取りにくいのではないかと考えられます。女性にとって有効な情報とは言葉なのです。言葉で通りの名称や目印が説明されていない地図は読みづらいのです。逆に男性は方向感覚を捉えることが容易で地図から場所を読み取る能力に長けていると言えるのです。

このように男女の脳にはさまざまな違いがあると言えます。